息子には気の毒だけど我慢できない

小学5年生になる息子がいます。幼稚園のころは、はだし教育の幼稚園に通っていたので真冬以外はほぼはだしで過ごしていました。ところが、小学校になると学内では靴下を履き、さらに上靴を履きます。その時間が長時間になり、さらに体も男の子らしく成長してきたせいか最近では自宅に戻ってくると足の臭いがすごく臭うのです。思わず、「臭い」と言って靴下を脱がせますが、息子に「お母さん、ひどい」と言われてしまいました。

男の子って意外と繊細で傷つきやすいと言いますが、家族だからと思わず本音を言ってしまう私がいます。けれど息子には悪いけれど、本当に我慢できないほど臭いのです。この先中学生・高校生となった時、いったいどんな匂いになるのかそれはそれで恐ろしいです。