低迷講じるミラン、本田圭佑の去就やどんなに

主流として季節を終えたものの、成績は期待された物質とは程遠い季節となったACミランの本田圭佑選手、今年の移籍市場ではその去就も注目の一種となっています。

若くして国外にわたり、CSKAモスクワ移籍後は組織の中心として約4年代にわたり活躍を見せ、2013年代冬の移籍市場でイタリアの名門ですミランに出席、背番号10を与えられ大きな目途を背負った邦人プレイヤーとなりました。

しかしミランでは毎年の様に目途はかけられるものの思った様な成行を残せず、毎年の様に移籍市場ではその去就が話題となっています。

本田選手が今一成行を残せないのは本人のキャパシティのみならず、その定まっていない組織のコンセプトにも問題があると考えます。現に本田選手入団後のミランでは2年代半分の間でかなり6奴という演出がつとめていらっしゃる。

またオーナーが組織のコンセプトに口を出すことでも知られているミランは、結果が伴わない、またはオーナーと反りの合わない演出がいれば即時で解任の苦難にさらされる事もあり、それが本田選手のみならず、最近の組織の低迷にも繋がっていると思います。

最近のミランでは本田除外論が仲間の間で巻き起こってる様ですが、まずは組織コンセプトを付け足し、その上で判断するのも遅くはないと思います。免許証のみで即日お金を借りれます

Other Post You May Like